*

MacとWindowsでファイル共有する方法

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 OA機器

R003

仕事で使用するパソコンはWindowsだけ、あるいはMac(OS)だけという環境が多いと思いますが、同じネットワーク上にMacとWindowsが混在している事もあるでしょう。

せっかく同じネットワークに接続しているのですから、MacとWindowsでもファイルのやり取りが出来れば利便性が上がります。

 

今回はMac OS X(マック オーエス テン)とWindows 7でのファイル共有をご紹介します。

(各々の環境でファイル共有が上手くいかない場合も考えられます。基本的な設定方法という事でご理解ください。)

 

Mac側の設定

システム環境設定から「共有」を選びます。

ファイル共有にチェックを入れて、右の「オプション」をクリックします。

ウィンドウが開くので、「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」のチェックボックスにチェックを入れます。

その下にある共有したいアカウントにもチェックを入れます。

そして「完了」をクリックします。

 

次にワークグループ名の設定をします。

 

再びシステム環境設定から「ネットワーク」を選びます。

右下の「詳細」をクリックします。

上部のタブから「WINS」をクリックします。

ワークグループの欄に、Windowsと共通のワークグループ名を入力します。

通常は「WORKGROUP」で設定しておけば良いでしょう。

 

Windows側の設定

スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックします。

そして「ネットワークとインターネット」の項目にある、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

左側に表示される「共有の詳細設定の変更」をクリックします。

ウィンドウが表示されたら

ファイルとプリンターの共有を有効にする

が選択されているか確認してください。

 

もし、ファイルとプリンターの共有を無効にする、が選択されている場合は「有効にする」を選択してください。

 

次に共有フォルダーを作成します。

 

共有したいフォルダーを右クリックし、「共有」という項目を選択します。

そこから、「特定のユーザー…」をクリックします。

すると「ファイルの共有」というウィンドウが開くので、追加ボタン左にある「▼」をクリックし、表示されるユーザーから「Everyone」を選択し、「追加」をクリックします。

 

スタートメニューから「コンピューター」をクリックし、コンピューターのウィンドウを開くと、下にワークグループ名が表示されているので、「WORKGROUP」になっている事を確認してください。

 

もし「WORKGROUP」になっていない場合は、先程のMacの設定で、Windows側と同じ名前を設定するか、Windows側のワークグループ名を「WORKGROUP」に変更してください。

 

それぞれを確認してみる

Windows側からは、ウィンドウの左側に表示される「ネットワーク」を開き、Macが表示されるか確認してください。

 

Mac側からは、ファインダーの「共有」のところに、Windowsのコンピューター名が表示されています。

 

そして、共有フォルダーを経由して、ファイルがやり取り出来るか試してみてください。

 

うまく行かない場合

Windowsのファイアウォールが設定されている場合に、それぞれが表示されない事があります。

その場合は、一度、Windows側でファイアウォールを無効にしてみてください。

それでファイル共有が出来る場合、設定は正しいという事が分かります。

 

セキュリティーソフトの種類や、設定などでも状況が変わってきますので、上記の設定を行っても、うまく行かない場合も考えられます。

 

今回、ご紹介したのはあくまでも基本の設定とお考えください。

 

まとめ

MacとWindowsでネットワーク接続をして、ファイル共有が出来れば、利便性が向上します。

 

ただし、昔よりハードルがかなり下がったとはいえ、うまく行かない場合もあるでしょう。

 

その場合は、個別で対応していかなければなりませんので、パソコンやネットワークに詳しい方に相談するか、リングローの様な専門業者に相談してみましょう。

 

今回ご紹介した、基本設定でファイル共有が出来る環境であれば、活用してみてください。

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

Wi-Fiが不安定で途切れてしまうときの対策まとめ

スマートフォンやタブレットPCが広く使われるようになった現在では、Wi-Fiでインターネット

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Cintiq編)

前回はWacom(ワコム)のIntuos(インテュオス)についてご紹介してきましたが、今回は

記事を読む

Amazonのパソコン周辺機器カテゴリ別ランキング

パソコンをより快適に使いやすくしてくれる周辺機器ですが、一言に周辺機器と言っても様々な種類が

記事を読む

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」というものを覚えていますでしょう

記事を読む

TransferJetは対応SDカード発売がきっかけで普及するのか?

皆さんはTransferJet(トランスファージェット)というものをご存知でしょうか?

記事を読む

中小企業にぴったりのプリンターとは?ビジネスインクジェット5つのメリット

長らく、中小企業などのオフィスで使用するプリンター、複合機と言えばレーザープリンターでした。

記事を読む

PCに接続できるドライブの種類と特徴

     パソコンに接続できるドライブは、一昔前に比べるといくつかに集約された印象

記事を読む

パソコンパーツも中古を活用しよう

中古車や中古バイク、中古住宅などは一般的でも、中古パソコンの知名度はまだまだかも知れません。

記事を読む

アスペクト比1:1の液晶ディスプレイの使い道

かつて、一般的なアスペクト比は4:3でした。最近では16:9のワイド画面が多くなってきていま

記事を読む

離席時にはスクリーンロックをしよう!

その昔、パソコンのモニターにブラウン管を使用していた時代は、画面の焼き付き防止にスクリーンセーバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10で文字入力をしやすくする方法~ユーザー辞書に単語を登録する~

普段よく使う漢字や言葉などは、最短の操作で出てきてほしいですよ

Windows10で文字入力をしやすくする方法~IMEパッドに手書きで入力する~

人の名前や地名など、普段使わない漢字を出したいとき、読み仮名で

Windows10で文字入力をしやすくする方法~言語バーを表示させる~

前回は、IMEの「あ」や「A」の表示が消えてしまった場合の対処

Windows10で文字入力をしやすくする方法~タスクバーの「あ」や「A」が消えてしまった場合の対処法~

新年あけましておめでとうございます! @ringlogでは2

【WPS Office】Writer、Spreadsheetsの編集画面の色が変わってしまった場合の対処法

サポートセンターでは、ときどきWriter(ライター)やSpr

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑