*

大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 OA機器

r076

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等のフラッシュメモリーはとても便利で、みなさんも使った事があると思います。

 

年々、容量も大きくなってきていて大容量のフラッシュメモリーが手の届く価格になってきました。

 

デジカメの高画素化が進み、スマホで4K動画が撮影出来る時代ですから、容量は大きいに越したことはないかもしれません。

今回は256GBクラスの大容量フラッシュメモリーをご紹介します。

 

 

大容量フラッシュメモリー

一昔前までは、USBメモリーにしても、SDカードにしても128MBもあれば十分でした。(単位は「MB」で間違いではないですよ。)価格も5,000円~8,000円はしたと思います。

今では500円あれば、8GBのUSBメモリーが購入出来ます。

 

USBメモリーもSDカードも512GBのモデルが現実的な最大容量でしょうか。

 

容量が大きいメモリーを使用するということは、転送するデータ量も大きくなるでしょうから、気になるのは転送速度です。

せっかく容量が大きくても、転送速度が遅くては、使い勝手が良くありません。

 

USBメモリー、SDカード、ポータブルSSDの中から、転送速度が速いモデルを1つずつピックアップしました。

 

USBメモリー

高速、大容量USBメモリー  Kingstonの「HyperX Savage」 256GB

読み込み350MB/秒 書き込み250MB/秒

実売価格 約15,000円 (Amazon販売サイト

メーカー5年保証

 

SDカード

大容量SDカード、高速書き込み対応 SUMSUNG EVO Plus 256GB microSDXCカード

読み込み95MB/秒 書き込み90MB/秒

(256GBモデルのみ書き込み90MB/秒に対応しています)

実売価格 約25,000円

メーカー10年保証

 

ポータブルSSD

SSD サンディスク エクストリーム500 240GB

読み込み415MB/秒 書き込み340MB/秒

実売価格 約18,000円 (Amazon販売サイト

メーカー3年保証

 

 

3種類を比較すると

USBメモリー、SDカード、ポータブルSSDの3種類を比較すると、SDカードの転送速度(読み込みと書き込みの速度)が遅い様に感じますが、実際にはそれなりに速く感じる速度だと思います。

むしろ、USBメモリーとSSDがかなり速いので、この速度で不満を感じる方は少ないでしょう。

 

大きさはSDカード<USBメモリー<SSDの順に大きくなります。

特にSDカードはmicroSDカードなので、Androidスマホ等にも対応出来るのは大きなメリットでしょう。

ただし、紛失にはくれぐれも注意しましょう。

 

この中ではポータブルSSDが一番大きくなりますが、それでも持ち運びに苦になる様なサイズではありません。

転送速度が一番速いのも魅力です。

また、本体とは別にUSBケーブルで接続する方式ですので、万が一USBの端子が破損したとしても、交換が可能です。

 

逆にUSBメモリーはパソコンに挿したまま、パソコン本体を動かしたりした時に、引っ掛けたり、曲げたりして破損し易いので、使用中は取り扱いに気をつけましょう。

USB端子を破損してしまうと修理は難しくなります。

容量が大きいだけに、データが取り出せなくなると影響も大きくなります。

 

もしもの時に、一番対応出来そうなのはポータブルSSDですね。

 

 

まとめ

今回はいつのまにか容量が大きくなっていた、フラッシュメモリー各種をご紹介しました。

 

まだまだ安いとは言い難いですが、256GBクラスでも現実的な価格になってきた様に感じます。

 

筆者のお勧めは、バランスがとれているサンディスクのエクストリーム500です。

大切なデータを預けるのですから、「信頼性のサンディスク」のイメージも大きいですね。

(もちろん他の2社が信頼性に欠ける訳ではありません。)

 

また、商品を選ぶ時に、同じ容量でも価格が大きく違う事に気づくと思いますが、転送速度が違う場合が多いです。

安いからと言って、速度の遅い商品を選んでしまうと、あとでストレスになる場合がありますので、注意してください。

 

自分の用途と、価格のバランスで、選んでいきましょう。

今使っているフラッシュメモリーがあるなら、その転送速度を調べてみれば、次に選ぶ商品の参考になるでしょう。

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

Amazonのパソコン周辺機器カテゴリ別ランキング

パソコンをより快適に使いやすくしてくれる周辺機器ですが、一言に周辺機器と言っても様々な種類が

記事を読む

無線LANの電波が届きにくい時は中継機を使おう!

  家庭でも職場でも、無線LAN環境がある事が、かなり浸透してきました。家庭や小

記事を読む

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

CPUの種類と違いを上手に比較してベストなノートパソコンを選択する方法

パソコンの性能を左右する重要なパーツであるCPU(シーピーユー)ですが、外観からはその姿をう

記事を読む

薄くて軽いだけじゃない!?最新ウルトラブックパソコン特集!

近年では薄くて軽いウルトラブック等と呼ばれるノートパソコンが多く出てくるようになりました。さ

記事を読む

acerの新しいWindows 10搭載パソコンはデータ復旧サービス付き

  各社から、Windows 10をプリインストールしたパソコンが発売され始

記事を読む

狭い会議室を広く!スクリーンにぴったり近づけて使えるプロジェクターとは?

会議やプレゼンテーションなどで、プロジェクターを使う機会もあると思いますが、部屋があまり広く

記事を読む

離席時にはスクリーンロックをしよう!

その昔、パソコンのモニターにブラウン管を使用していた時代は、画面の焼き付き防止にスクリーンセーバ

記事を読む

PCに接続できるドライブの種類と特徴

     パソコンに接続できるドライブは、一昔前に比べるといくつかに集約された印象

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑