*

毎日使うものだからこそ!パソコンを簡単クリーニングしてみよう~内側編~

公開日: : PC修理

前回、パソコンにあまり詳しくない方でも普段から導入できる簡単クリーニング方法の外側編をご紹介しました。

 

今回はディスプレイやキーボードといった内側部分に着目していきます。

 

 

ディスプレイ

 

ディスプレイはタッチ機能搭載の機種でない限りベタベタと触る機会はあまりないかと思いますが、本体の開閉時などにうっかり手が触れると指紋が残って目立つ部分です。

 

また、静電気が発生すると細かな埃が画面に付着しやすいので、普段からパソコンを使用していない際はACアダプターは抜き、本体は閉じておくようにしましょう。

 

クリーニング方法

外側編の記事でご紹介したような柔らかいクリーニングクロスで優しく拭き取りましょう。

 

このとき、落ちにくい脂汚れがあったとしても力を入れてゴシゴシと擦るのは絶対にNGです。ディスプレイは想像以上に繊細です。擦り傷を新たに付けてしまったり、最悪の場合、液晶に色ムラが出てしまったりするケースがあります。

 

なかなか落ちない汚れには、こちらも外側編で取り上げた液晶用のウェットティッシュがおすすめです。

 

似ているので除菌ウェットティッシュや水で湿らしたティッシュでも代用できそうに思えますが、拭いた後にまだら模様や細かな傷を付ける原因になりかねませんので避けましょう。

 

 

キーボード

キーボードは気付かないうちにキーとキーの間に埃や髪の毛が溜まってしまうことが多く、また、使用しているうちに奥の方に押し込まれてしまうので、一見しただけでは汚れが分かり辛い箇所です。デスクトップパソコンを使用している方や、未使用時であってもノートパソコンを開いて放置している方はより溜まりやすいと言えるでしょう。ペットを飼っている環境であればなおさら注意が必要です。

 

また、お菓子などをつまみながらパソコンを触ってしまうと、カスが落ちるだけでなくキーボード自体に油が付着してしまいます。同じように、電源ボタンも使用する度に触る部分になりますので、汚れや手垢が付きやすいことは言うまでもありません。

 

クリーニング方法

外側編でご紹介したエアダスターを使用して、隙間に入り込んだ埃やごみを外に吹き飛ばしましょう。

 

このとき、真上からダスターを吹きかけてもごみがさらに奥に入ってしまうので少し斜め横からを意識しましょう。これだけでもだいぶ取り除くことができます。

 

キーボードのへこみ部分など、細かな箇所は綿棒などで優しく汚れを拭き取るようにしましょう。

 

 

パームレスト

パームレストはキーボードを打つときに必ず触れるのでどうしても手の脂が溜まりやすい場所です。夏場はパソコン本体の発熱と相まって手汗をかきやすくなるので、余計汚れやすくなります。

 

クリーニング方法

こちらもOA機器用のウェットクリーナーで拭いて汚れを除去しましょう。清掃してみると意外と黒ずんでいることがわかります。(特に黒色のパームレストだとそこまで汚れが目立たないのできっと驚くと思います。)

 

ちなみに、パームレストやキーボードはどうしても使用年数を重ねると手の摩擦でテカリが発生してきます。これに関しては磨けば元通りになるというものではありませんので、どうしても気になる場合はパソコンの専門業者に相談してみましょう。リングローのような中古パソコンを扱う業者の場合、その部分だけ新品や状態の良いものに交換できる場合があります。(機種により異なりますので一度相談してみることをおすすめします。)

 

 

まとめ

2回に渡ってご紹介した内容は、道具さえあれば簡単にできそうなものですが、キーボードの下をクリーニングしようとして思わず力が入りそのまま外してしまったり、引っ掛かりのツメを折ってしまったりというトラブルも同時に起こりがちです。

 

埃を取り除こうとしてさらに奥に入り込んでしまうようなこともあるので、無理は禁物です。

 

「うまくできるか不安だ」「この機会に一度徹底的にクリーニングしたい!」という方は、クリーニングに精通した業者に依頼することも検討してみましょう。なお、自分でクリーニングを行う際は、必ずパソコン本体の電源を切ってから行ってください。

 

パソコンの外側も内側も綺麗になると気分もリフレッシュしますね。日常的に使用する相棒だからこそ、パソコンは常に清潔に保ちましょう!

 

 

担当:蓮実

 

リングロー株式会社

関連記事

たまにはコマンド プロンプト【ipconfig編】

@ringlogでは過去にコマンド プロンプトの使い方と、2つのコマンドを紹介しました。

記事を読む

システムイメージを作っておけばもしもの時に安心

前回、リカバリーディスクの作成についてお話ししましたが、リカバリーディスクが作れないパソコン

記事を読む

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が

記事を読む

システムイメージを使ってパソコンを復元する方法

前回までお話しした、システムイメージの作成に続いて今回はその使い方について説明したいと思いま

記事を読む

パソコンが壊れた?黒い画面が出て起動しない時の原因と対策

パソコンの不具合には様々なものがあり、その原因もハードウェアの問題からソフトウェアに起因する

記事を読む

離れた場所からパソコンを遠隔操作する方法

いつでもどこでもファイルにアクセス出来るクラウドサービスは便利なものですが、そもそもアップロ

記事を読む

回復ドライブを作成する場合にUSB3.0は使用しない事

パソコンが起動しなくなってしまった場合に備えて、「回復ドライブ」を作成する機能がWindow

記事を読む

飲み物をパソコンにこぼしてしまった!咄嗟の対処法をご紹介

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。連続で長時間使用することが多い

記事を読む

パソコンの動作が重い!起動が遅いと感じた時の対応策

   パソコンを長く愛用していると、次第に起動の遅さを感じ始める人は少なくないと思い

記事を読む

無線LANが繋がらないときの確認と対策のまとめ

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。無線LANを使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑