*

iPhoneの動画データをパソコンに送る方法

公開日: : 最終更新日:2020/03/16 スマホ・タブレット

みなさんが写真や動画を撮影したい時、取り出すものと言ったら、今やスマートフォンがダントツで多いのではないでしょうか?

プライベートはもちろん、ビジネスの場面でもスマホで写真や動画を撮る事があると思います。

 

スマホの容量がいっぱいになってしまったり、パソコンで編集をしたかったり、バックアップのためだったり、様々な理由でパソコンにデータを移したいという方も多いでしょう。

 

今回はユーザーの多い、iPhoneからパソコンへ動画データを送る方法をご紹介します。

 

Appleのサイトで紹介されている方法

メーカーであるAppleのサイトで紹介されている方法は

 

・iCloud 写真で同期する方法

・iTunesを利用する方法

 

の2種類です。

iPhone、iPad、iPod touchから写真やビデオを転送する)

 

「iCloud(アイクラウド)」はAppleが提供しているクラウドサービスです。

iCloud写真を利用すれば、簡単に写真や動画を共有する事が出来ますが、無料で提供される容量は5GBなので、すぐに使い切ってしまうでしょう。

 

有料で十分な容量を確保している場合は良いですが、そうでない場合はあまりおすすめ出来ない方法です。

 

もう一つは、iPhoneに付属しているUSBケーブルを使ってパソコンと接続し、iTunes(アイチューンズ)にファイルを移動する方法です。

(iPhone側のコネクターをLightning(ライトニング)コネクターと言います。)

 

ただ、パソコンで動画を観るだけであれば、iTunesでも問題ないと思います。

 

しかし、パソコンで編集をする場合などは、好きな場所にファイルを置いた方が良いですね。

 

その場合は直接ファイルをコピー(移動)しましょう。

 

 

ファイルを移動する方法

Windowsパソコンであれば、ケーブルで接続してエクスプローラーから開けば、直接ファイルにアクセスする事が出来ます。

あとはお好きな場所にファイルをコピーすればOKです。

 

詳しい方法は「iphone パソコン 動画」などと検索すると分かりやすいサイトが見つかると思います。

 

 

Macの場合は標準でインストールされている「イメージキャプチャ」と言うアプリケーションを利用すると分かりやすいでしょう。

iPhoneに保存されている写真と動画が表示されるので、必要なファイルをコピーしてください。

 

動画ファイルの容量は大きいので、ケーブルで直接パソコンと接続する方法がとれれば、一番安定してデータを送れると思います。

 

 

クラウドサービスにアップロードする

離れた場所のパソコンで使用する場合や、ケーブルが無い時でも利用出来る方法として、クラウドサービスにアップロードする方法があります。

 

クラウドサービスで代表的なものは「DropBox(ドロップボックス)」や「OneDrive(ワンドライブ)」などです。

上記の「iCloud」もクラウドサービスの一種です。

 

また、Google(グーグル)の提供している「Googleフォト」は容量無制限でありながら、無料で利用する事が出来ます。

ファイルは圧縮されますが、通常の使用であれば、画質の低下を感じる事は少ないと思います。

 

基本的にはWiFi環境があれば、自動でiPhone内の写真、動画をアップロードしてくれますが、5分を超える様な動画はやや時間がかかるので、アプリを開いたままにしておくなどの工夫が必要です。

 

 

iPhoneに対応したフラッシュメモリー

Android携帯であれば、多くの場合SDカードスロットを備えているので、SDカードを利用したデータのやり取りが可能ですが、iPhoneにはありません。

そこでiPhoneのLightningコネクターに対応した、USBフラッシュメモリーや、SDカードリーダーを使えば、フラッシュメモリーを利用してデータを送る事が出来ます。

 

データのやり取りと同時に、フラッシュメモリーにコピーする事でバックアップにもなり便利ですが、価格がやや割高になってしまうのが、玉に瑕です。

 

 

<Apple同士ならAirDrop

以前@ringlogでAirDrop(エアドロップ)をご紹介しましたが、その中でも触れている通り、iPhoneとMacでもAirDropする事が出来ます。

 

ワイヤレス通信ですからケーブルも必要ありませんし、通信速度も速いので動画ファイルもストレスなく送る事が出来るでしょう。

Macユーザーであれば押さえておきたい基本テクニックです。

 

 

 

まとめ

iPhoneなどのスマートフォンと、パソコンでのデータのやり取りは、みなさんが気にしているポイントのひとつです。

ケーブルで接続出来る場合は、繋いでしまった方が確実で転送も速いですが、それが出来ない場合に備えて、その他の方法もチェックしておきましょう。

 

特にAirDropは簡単で速いのでおすすめです。

 

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

iPhoneが水没!その時やるべき事、やってはいけない事

スタイリッシュな外観が魅力のiPhoneシリーズですが、基本的にストラップなどが付かないので

記事を読む

スマートフォンのウイルス対策が必要な理由

スマートフォンもパソコンと同様ウイルス対策をしたほうがよいのですが、今回はその理由と感染する

記事を読む

SIMフリーのスマートフォンで通信料節約!!

低価格で通話やインターネット接続が行える「格安携帯電話サービス」が注目を集めています。その中

記事を読む

スマホで手軽にファイル管理をするためのアプリ5選

スマートフォンは他の記録媒体と同じように、ファイルの管理に活用することも可能です。本記事では

記事を読む

今さら聞けないiPhone6とPlusの違い

Apple製のスマートフォンと言えばiPhoneですね。世界中で大ヒットし、今やスマートフォ

記事を読む

Wi-Fi性能徹底比較!docomo・au・SoftBank

   外出先や社内を歩き回ったりする際などに便利なのが「Wi-Fi」です。「Wi-Fi」とは無

記事を読む

日常をもっと快適に!スマートフォンで使えるブラウザーアプリ4選

   スマートフォンでウェブサイトなどのインターネットコンテンツを利用するにあたって

記事を読む

スマートフォンの料金を節約しよう

みなさん、突然ですがスマートフォン(携帯電話)の月の利用料金はどれくらいですか。 スマ

記事を読む

スマホで撮影した動画が逆さまに再生されてしまったら

iPhoneで動画を撮って、パソコンで観たら逆さまになってしまった。皆様、そんな経験は無いで

記事を読む

スマホの充電の減りを抑えたい!チェックするべき6つのポイント

街中を見ていても、電車内を見ていても、スマホを所持する方が大半になってきたように感じる今日こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


一部のメールが入ってこない場合の対処法~Mozilla Thunderbird~

前回に引き続き、複数のパソコンを使用していて、一部のメールが

一部のメールが入ってこない場合の対処法~Outlook~

用途に合わせてパソコンを何台か所有しているという方、少なくない

マスク姿でiPhoneの顔認証は成功するのか

新型コロナウイルスの影響もありマスクが手放せない日々が続いてい

マウスが接続できないときの種類別原因 ~無線マウス~

前回の記事に引き続き、今週もWindows10のパソコンと接続

マウスが接続できないときの種類別原因 ~Bluetoothマウス~

前回に続きマウスの接続不良シリーズとして今回は、Bluetoo

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑