*

新しいiPadがApple pencilに対応!10.5インチiPad Proとの違いは?

公開日: : 最終更新日:2018/05/10 スマホ・タブレット

 

新しいiPad(アイパッド)が発売されて、iPadは第6世代になりました。初代iPadの発売は2010年5月ですから、およそ8年が経った事になります。 

 

タブレットと言えばiPadというイメージをお持ちの方も多いでしょうし、タブレットならなんでも「iPad」と呼んでいる方も居るでしょう。 

 

そんな、新しいiPadの最大のニュースは、「Apple pencil(アップル ペンシル)」に対応した事だと思います。 

 

 

 

Apple pencil 

2015年にiPad Proが発売された時、同時に発売された専用スタイラスペンがApple pencilです。 

筆圧や傾きなどを検知し、自然に手書きが出来るので非常に評判の良いスタイラスペンです。 

(参考:大きくてパワフルなiPad Proとはどんなタブレットか? ) 

 

新しいiPadが発売されるまでは、Apple pencilはiPad Pro専用となり、Apple pencilを使いたければiPad Proを選択する以外ありませんでした。 

 

 

第6世代iPad 

一番安いモデルなら37,800円で販売されるiPadが、Apple pencilに対応した事は、「Apple pencilは使いたいけど、iPad Proは高すぎる」と感じていた方にはなかなかのインパクトがあったと思います。 

 

Apple pencilに対応した事と、チップセットがA9からA10 Fusionチップに代わり、処理が高速化した事以外は、昨年のモデルと変更はありません。 

 

通常の使用方法ですと、A9チップでも十分な処理速度が得られているので、やはり購入の判断基準はApple pencilに対応しているところ、となりそうです。 

 

 

他モデルとの比較 

現行のモデルと比較をするならば、候補は10.5インチのiPad Proでしょう。 

 

分かりやすい違いで言うと、専用のキーボードであるSmart Keyboard(スマート キーボード)が使えるかどうかです。 

Smart KeyboardはProシリーズ専用のキーボードで、専用のコネクタを利用して接続するので、ペアリングや充電の必要がありません。 

ちょうどMicrosoft Surface(マイクロソフト サーフェス)のタイプカバーという、カバー兼キーボードと同じ様な感じです。 

 

Smart KeyboardはPro専用である事から、このキーボードを使用したい場合は10.5インチ iPad Proを選択する事になります。 

 

ただし、iPadでも数あるBluetooth接続のキーボードが使用出来るので、あまりSmart Keyboardにこだわらなくても良いかもしれません。 

 

10.5インチのiPad Proは、iPadに比べてディスプレイやカメラの性能が高く、色々と優れている点は多いですが、本体と、Apple pencil、Smart Keyboardと揃えると10万円前後の価格になってしまいます。 

 

価格差を考えると、新しいiPadは非常におすすめだと思います。 

 

また、細かいところですが背面のカメラ部分がProシリーズは出っ張りがあります。 

Apple pencilを使う時に、机などに置いた場合には使い勝手に差が出るかもしれません。 

 

カメラの性能はiPadが劣ります。ただし、お手持ちのスマートフォンのカメラ性能が上回っていればあまり気にする事はないでしょう。 

写真や動画はスマートフォンで撮れば良いですし、タブレットよりも使いやすい場合が多いと思います。 

 

 

中古品も視野に入れると9.7インチ iPad Proと言う選択肢もあります。 

Appleの中古整備品で5万円前後から見つけられるので、価格差はグッと縮まります。 

特にSmart Keyboardを使用したい方は注目でしょう。 

9.7インチ用のSmart Keyboardは英語配列しかないのと、キーピッチがやや狭い事には注意が必要です。 

(参考:WWDC17にて新しいiPad Proを発表 

 

 

まとめ 

今回のモデルチェンジで「素」のiPadもApple Pencilに対応した事は、大きな変化かも知れません。 

 

どうしてもSmart Keyboardを使用したいという方以外は、第6世代iPadを選択しても不満は出ないのではないでしょうか。 

 

とにかく、第6世代iPadとApple Pencilの組み合わせはどなたにもおすすめ出来ると思います。 

 

 

いずれのモデルでもApple Pencilは別売り(税別10,800円)となる事はご注意ください。 

 

 

 

担当:鬼山 

リングロー株式会社

関連記事

今さら聞けないウェアラブルについて

最近、テレビや電気屋さん等でチラチラ聞く【ウェアラブル】の事をご存知でしょうか。

記事を読む

世界シェア3位の中国のスマホメーカー「Xiaomi」とは

いきなりですが皆さん、スマートフォンメーカーと言われて思いつくのはどこでしょう。iPhone

記事を読む

新型iPhoneは「XS」と「XR」の2本立て、3モデル!!

日本時間の9月13日午前2時、AppleがiPhoneの新モデルを発表しました。 いつ

記事を読む

スマホの画面が割れてしまった!一体どうすれば?

先日の記事では、特にiPhoneにフォーカスを当ててスマートフォン画面の割れやすさについてご

記事を読む

スマートフォンのウイルス対策が必要な理由

スマートフォンもパソコンと同様ウイルス対策をしたほうがよいのですが、今回はその理由と感染する

記事を読む

WWDC17にて新しいiPad Proを発表

2017年6月5日にカルフォルニアで行われたAppleの開発者向けイベント「WWDC17」に

記事を読む

スマートフォンをテザリング利用する3つのメリット

   今やビジネスマンには欠かせないスマートフォンですが、テザリング機能を利用するこ

記事を読む

ファーウェイの最新スマートフォンはGMSが利用出来ない

綺麗な写真が撮れる高性能なカメラが搭載されたスマートフォンや、手頃な価格でコストパフォーマ

記事を読む

スマートフォンのウイルス対策をしよう!!

前回スマートフォンのウイルス対策が必要な理由をお話ししましたが、今回は実際にどういったことを

記事を読む

意外と知らない無線LANとWi-Fiの違い

   最近のパソコンやスマートフォンは、ほぼ全てのデバイスがWi-Fiに対応しています。企業で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


パソコン雑学~バグの語源はこれ~

今回は普段のブログとは少し思考を変えてお届けできたらと思いま

Googleアカウントのプロフィールの編集方法~名前、生年月日、性別、パスワードの変更方法編~

前回はGoogle(グーグル)アカウントのプロフィールの編集

Googleアカウントのプロフィールの編集方法~プロフィール写真編~

Google(グーグル)アカウントでは、アカウントを作成した

新しい言語を追加してみよう②~言語の切り替え方法~

前回のブログでは、日本語以外の言語の追加方法を、中国語を例に

新しい言語を追加してみよう①~言語のダウンロード方法~

「外国の友人に手紙を書きたい!」「海外営業を行いたい!」そん

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑