*

サポート終了後にWindowsXPを継続利用してはいけない理由

公開日: : PC導入・交換

0074

2001年に発売されたWindowsXPは、Windowsの中でもっとも評価が高いOSとして多くのユーザーに長年愛用されてきました。

 

しかし、2014年4月9日にWindowsXPのサポートが終了し、事実上WindowsXPを利用することはできなくなりました。

 

そうは言っても「まだまだWindowsXPのパソコンは使えるじゃないか!」と話す人は今も少なくありません。インターネットに接続しなければ大丈夫と考えている人も多いことでしょう。

 

そこで今回は、なぜWindowsXPを利用してはいけないのか、その理由を説明します。

 

重要な更新プログラムが受けられない

WindowsXPのサポート終了によって、マイクロソフトからの重要なセキュリティープログラムやパッチが受けられません。

 

これを自動車に例えると、欠陥があってもリコールが受けられず、車検も取らず、保険にも入らず、整備不良の状態で運転していることと同じです。いざ事故が起こってしまえば、致命的な事態に繋がりうると言えるでしょう。

 

個人情報やセキュリティーが叫ばれる昨今、セキュリティーに無防備なパソコンを利用することは大変危険です。また、その被害は自分自身だけではなく、他人にも迷惑を掛けることになるかもしれません。

 

 

セキュリティー対策の問題

多くの人がウイルスチェックソフトを導入していると思いますが、このセキュリティーソフトもWindowsXPには対応しないものが出てきています。

 

WindowsXPはセキュリティー問題に対して無防備なうえ、マイクロソフトがサポートを打ち切ったため、サードパーティーからも見捨てられた存在となっています。

 

このような状態では、パソコンがウイルスに感染しても発見すらできないかもしれません。そのままWindowsXPを使い続けることは、知らないうちにあなたの個人情報をウイルスによりインターネットにバラまいてしまうリスクもはらんでいます。

 

もし家庭のネットワークや会社のネットワーク上にWindowsXPがあった場合、そこからネットワークで繋がっているパソコンにウイルスが感染してしまうかもしれません。

 

 

インターネットを見ていないから大丈夫!?

「WindowsXPはインターネットに接続しなければ使っても大丈夫でしょ?」という人が多くいます。「インターネットに接続していない=ブラウザで見ていない」と勘違いしている人が多くいるようです。

 

実はブラウザでウェブページを閲覧していなくても、パソコンがインターネットに繋がっている状態になっている可能性があります。

 

同じくOSのサポートが切れているWindows2000の場合、新規インストールしてネットワークケーブルを接続した段階で、すぐにウイルス感染するリスクが存在します。WindowsXPも同じような状況になると言えるでしょう。

ですので、どうしてもWindowsXPを使わなくてはいけない場合は、必ずネットワークケーブルがパソコンと繋がっていないこと、無線LANをOFFにしていることを確認してから使用して下さい。

 

 

 

WindowsXPを使い続けるリスク

WindowsXPにはセキュリティー上の問題があることを説明してきました。

 

このまま使い続けると、パソコンを遠隔操作されたり、大事なファイルや写真が流出したり、アドレス帳に登録されているアドレスへ無差別にスパムやウイルスメールを送り付けたり、クレジットカード情報の流出、オンライン銀行の不正利用など大変なトラブルが起きてしまうかもしれません。

 

こうしたリスクを抱えたまま利用することは、自己責任だけでは済まされない事態に発展することもありえます。そのようなリスクを考えると、やはりWindowsXPは使うべきではありません。

 

 

まとめ

インターネット環境さえ気を付けておけば、WindowsXPのパソコンを運用していくことは可能です。

 

しかし、USBメモリーなどからのウイルス感染などは防ぐことはできず、新しいデバイスやソフトウェアはWindowsXPに対応しないようになってきています。

 

以前に比べると新品パソコン価格の相場は下がっているため、5万円ほどでもインターネットやメールには十分なパソコンがたくさん登場しています。まだWindowsXPを利用している人は、早めに乗り換えることをオススメします。

 

リングローでは、用途に応じたパソコンの提案を行なっております。もしパソコン選びに不安や疑問などありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

中小企業やスモールオフィスにもサーバーを導入しよう!

従業員が25名以下の、スモールオフィスにおいて、サーバーが必要かどうかは、しばしば議論に上が

記事を読む

アウトレットパソコンのメリットと特徴

商品を安く買おうと思ったら、セール品のものやアウトレット品のものを探すことがあると思います。

記事を読む

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり

記事を読む

WindowsVistaの起動をより高速にする方法とは

Windows Vistaはデザイン重視のOSとして、見た目にこだわった作りになっています。その

記事を読む

現行ダイナブックのおすすめモデルは?

ダイナブックとは、東芝が販売しているコンシューマー向けノートパソコンのブランド名です。

記事を読む

どっちが良い?PC購入時のHDDとSSDの違いと選び方

   パソコンにデータを保存する記録装置と言えば「HDD」(ハードディスクドライブ)が一般的で

記事を読む

ノートパソコンのバッテリー寿命と交換時期

ノートパソコンのバッテリー持続時間は、一昔前と比べると非常に長くなりました。 &nbs

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

話題のNEC製モバイルパソコン、LaVie Hybrid ZEROの実力と価格

毎日、仕事でパソコンを持ち歩くビジネスマンにとって、パソコンの重量は敏感になるポイントではな

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのアウト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑